9月号「ゆるキャラをつくろう」6

小玉です。
第六弾!まだまだいけるよ!出していくよ!
今回は、小玉の体の一部から生まれたよ。
キレッキレイディ
ゆるキャラ名:「キレッキレイディ」
「小玉さん、動きがキレてたね」とお褒めの言葉を頂く事があります。
とても嬉しいです。
舞台役者をやっておりますが、地声がそんなに大きくないので
なんとか届けようと動きまくっていたら今の演技スタイルになりました。

そんなやんちゃ上半身を支えるのは、ガッシリ下半身。
抜群の安定感です。今はもう誇りです。
重心がドッシリ下の方にある為、ちょっとやそっとでは倒れません。
スキニーパンツはいつでもパツンパツンに張り裂けそうです。

でも彼女も女の子。
キレッキレイディは、「ガッシリ」と「ドッシリ」の単語にちょっと切ない反応をします。
だから小玉さんは新しい単語をつくってあげました。
「ドガッシリ」
キレッキレイディ、「なにそれ、ちょっとかっこいいじゃない」とご満悦。
女って、単純で繊細で難しい。