9月号「ゆるキャラをつくろう」5

小玉です。
第五弾!折り返し!かな?
今回は、小玉家思い出エピソードより。
じゅーすけ
ゆるキャラ名:「じゅーすけ」
お盆休み、小玉家はおじいちゃんとおばあちゃんに会いに名古屋へ。
おばあちゃんはいつもその度、恐縮してしまうくらい大喜び。
名古屋の夏は暑い。私たち兄弟への気遣いを
「ゆうすけ、ジュース飲まんか」
この言葉に込めるおばあちゃん。ゆうすけはくにこの弟。
何よりもまずこのお誘い。何よりも。何度も。熱く。
お久しぶりの挨拶?お仏壇へのただいま?そんなもんは後でいい。
とにかく、まずは「ゆうすけ、ジュース飲まんか」。暑いだろうゆうすけ、ジュース飲まんか。
コーラ買ってあるぞ。もちろん、くにこもジュース飲まんか。
一通り、大人達が挨拶を済ませ、ふっと落ちついたリビングに響き渡ったおばあちゃんの声。
「じゅーすけ、」
一瞬にして張りつめる空気。大人も子供も、小玉一族がその後に続く言葉に集中した。

が、その後に続く言葉は無かった。
ハッとしたのだろう一間があった後、静かな空気の中冷蔵庫を開ける音、
コップに注がれる音、そして笑顔のおばあちゃんがジュースを持ってやって来たのだ。
その間に、誰かが声をかけることはなかった。「なんだって?」と笑って聞き返す事も、
ツッ込むこともなかった。むしろそうした方がおばあちゃんは救われたろうに。
小玉一族は、真面目なのである。
その時の、弟の無念そうな顔。「あそこは、俺だろう・・・」
本当に、真面目なのである。
その想いを晴らす為に生まれたキャラクター。

・・・ヨロシクねっ★